うえだ皮膚科

三原市頼兼 の うえだ皮膚科(皮膚科・形成外科・アレルギー科)

〒723-0054 広島県三原市頼兼1丁目1-6
TEL 0848-61-1277
Web予約はこちらから
子供に多い皮膚病
Web予約QRコード
携帯・スマートフォンの方の
Web予約はこちら!
※モバイルサイト QRコードを読み取ってアクセス!
トップページ»  子供に多い皮膚病

子供に多い皮膚病

子供は大人に比べて皮膚が薄く、免疫も不十分なため、細菌・ウイルスなどが侵入しやすく、皮膚の病気にかかりやすくなっています。代表的な病気について予防と治療について解説します。

 

脂漏性皮膚炎

生後1か月ごろから3か月くらいの時期に生じやすくなります。顔、頭、首やわきなどが赤くなりかさかさしてきます。ひどいときは汁が出たりかさぶたができます。
皮膚の常在菌が関係すると考えられていますが、乳児ではこの菌が好む皮脂分泌が増えていますので、石鹸やシャンプーなどで十分に洗浄することが予防につながります。
湿疹がひどい場合にはステロイド剤の外用で加療します。

 

おむつ皮膚炎

乳児期には便が柔らかく、陰部が湿潤することで皮膚炎が生じやすくなります。
排便後はできるだけ早めにおむつ交換すること、おしりふきはアルコールなど含まない低刺激なものを使用することが理想的です。
赤くなる場合、ただれて汁が出る場合、ほかにカビ(真菌)がつく場合があります。症状に応じて外用剤を使い分けて治療します。

 

アトピー性皮膚炎

頭や顔以外にも広範囲に湿疹ができ、2か月以上症状が続くとアトピー性皮膚炎と診断します。乳児期のアトピーから食物アレルギーになることがあり、ステロイドを含めた適切なスキンケアが必要です。
食事については、じんましんなど明らかなアレルギーがない場合には制限しないのが最近の考え方です。
乳幼児では汗や乾燥が湿疹の原因になることが多く、汗をかいたらふき取り、保湿剤を十分に外用することで湿疹の発症を予防します。

 

みずいぼ(伝染性軟属腫)

光って見える小さいイボで、白い芯があります。わきのした、おなか、陰部、膝の後ろなどに出ます。たいていは大人になるまでに治りますが、放置していると、イボがたくさん増えてかゆくなったり、兄弟などにうつったりすることがあります。
当院では数が少ないうちに治療をするのがよいと考えています。治療の方法として最も有効なのはピンセットで芯をとる方法です。軽い痛みがあるので、たくさんのイボをとる場合には麻酔のシールを貼ります。麻酔がきくまで約1時間かかりますので、受付時にみずいぼの治療とお申し出ください。

 

とびひ(伝染性膿痂疹)

湿疹や虫刺されなどで傷がついたところに細菌がついて水ぶくれやかさぶたができて皮がむけてきます。
汁が付くと他の場所にうつりますので、汁が出る傷はガーゼなどでかくすようにして下さい。抗生剤の内服外用で治療します。

 

いぼ(尋常性疣贅)

表面がかさかさしたイボで、手指や足底によくできます。足底ではうおのめと間違われることもあります。放っておくと大きくなったり、数が増えたりします。
治療は液体窒素というもので冷凍します。治療にはやけどしたような痛みがあります。水ぶくれができることもあります。痛みが我慢できない場合、何度も冷凍しても治らない場合などには、免疫を強くする薬やイボの表面をとかす薬で治療したりします。

 

陥入爪

小学校高学年くらいになると、爪を短く切ると化膿しやすくなってきます。
軽い場合には抗生剤で治療できますが、ひどく化膿した場合には手術が必要になることもあります。正しい爪切りをするようにして下さい。